【FX入門】意識される3つのチャネルライン



為替相場では様々な分析手法が用いられます。その中でも世界中の多くのトレーダーが注目するのがチャネルラインです。とても単純でFX初心者でも簡単に取り組める分析手法ながら、為替相場においては非常に機能します。


このチャネルラインは簡単に引けるように思えますが、実は以外にそうでもありません。間違った引き方をしているトレーダーもよく見かけます。

チャネルラインは、世界中のトレーダーが意識しているものと同じラインが引けてはじめて機能する分析手法です。そこで、今回はチャネルラインの引き方と、その目的について紐解いてみたいと思います。





3つのチャネルライン



相場は波のように寄せては返すをくり返しながらトレンド方向に進んでいきます。このトレンド方向に大きく進む波をエリオット波動では「衝撃波」といい、チャネルライン沿いに展開していきます。

エリオット波動については「これからエリオット波動を始める方へ」をご覧ください

為替相場で使われるチャネルラインは数種類ありますが、その中でもこの「衝撃波」の展開を予想する3つのチャネルラインが最も強く意識されます。

0-2チャネルライン
1-3チャネルライン
2-4チャネルライン

この3つには正しい引き方とそのラインを引く目的がそれぞれあり、それらをマスターすることにより、エントリーや利益確定のタイミングを事前に予測できるようになります。





0-2チャネルライン



0-2チャネルラインとは、トレンドの始点である0波と2波終点を結んだラインと平行に1波終点から引いたラインで構成されます(緑色ライン)。

為替の波が変わるときに(トレンド転換)、まず世界中のトレーダー注目するのがこの0-2チャネルラインです。 なぜならこのラインは「衝撃波」と「ジグザグ修正」の分岐点となることが多いからです。

詳しくは「衝撃波の見極めと見込み波」をご覧ください

1波の大きさの1.00倍とチャネルラインが重なる付近は売りの急所ポイントでもあり、買い方と売り方の激しい攻防が行われるポイントのひとつです。




1-3チャネルライン



次に1-3チャネル。 このチャネルラインは、1波の終点と3波の終点を結んだラインと平行に2波の終点から引いたラインで構成されます(緑色ライン)。

3波動目が0-2チャネルラインを越え、また1波の大きさのフィボナッチ比率1.618倍を越えてくると「衝撃波」である可能性が高くなります。つまり、この後には4波→5波と続いて行くことが推定できるわけです。

この場合、多くのトレーダーが注目するのがこの1-3チャネルです。 4波動目の終点は1-3チャネルラインを越えた付近で終了することが多く、次の5波で再びチャネル内に戻ってきます。 この付近は5波を狙ったエントリーの急所となります。

ただし、4波動目がトライアナングルや横這いの複合修正波を展開してきた場合、また他通貨で衝撃波が発生してその影響を受ける場合、そして3波動目が1波動目の3.00倍や4.00倍のように大きくなった場合には、チャネルラインを大きく越えてくることもあります。反転をしっかり確認した後のエントリーが理想的のようです。





2-4チャネルライン



最後に2-4チャネルライン。 2波の終点と4波の終点を結んだラインと平行に1波の終点から引いたラインで構成されます。

「衝撃波」のクライマックスで、この2-4チャネルは特に注目されます。5波は、このライン付近で終了することが多く、このポイントは利益確定、又は修正波を狙ったショートエントリーのポイントにもなります。稀に、5波動目は1波ラインを越えて3波からのラインまで大きくなることもあります。

ただし、3波動目が1波動目の3.00倍や4.00倍などと大きく進んだ場合には、最後の5波動目がチャネルに届かないことや、3波動目の高値を越えてこれないフェイリャー(トランケーション)が現れることがあります。




正しいチャネルラインの引き方




上の図は衝撃波に1-3チャネルラインを引いたものです。 実際の為替相場の衝撃波の動きに近いイメージです。

チャネルラインは単純に高値と高値、安値と安値を結ぶという記事をネット上でよく見かけますが、このように引かれたチャネルラインはあまり機能しません。海外の多くのトレーダーは、その波動の終点をもとにしたチャネルラインを意識しています。

※ヒゲを含めるかどうかの問題もあります。この課題については次の機会に掘り下げてみたいと思います。

上の図の3波動目は一見して青丸地点のように思えますが、正確には赤丸のポイントが終点となります。 青丸のポイントでラインを引いてしまうと全く違うチャネルラインとなってしまいます。

また、2波も青丸のポイントからラインを引きたくなりますが、赤丸の地点が2波動目の正確な終点なので、ここからラインを引くのが正解です。

為替相場はフラクタル構造になっているため、1・3・5波の内部波動も衝撃波を構成しています。内部波動の衝撃波も意識しておくようにすると正確な波動の終点が分かるようになり、正しいチャネルラインが引けるようになってきます。少し難しいですが意識してみてはいかがでしょうか。



実際のチャートでのチャネルライン

ドル円為替相場のチャネルライン
上のチャートはドル円為替相場の衝撃波(2016/11~3-3波動の一部)です。

為替相場の衝撃波はチャネルライン沿いに進んでいることが確認できます。大きな段階の衝撃波が2-4チャネルライン(緑色)タッチで完成。また、ひとつ下の段階の内部波動衝撃波も2-4チャネルタッチ(青色と黒色)で終点を迎えています。

そして、フラクタル構造で各段階の波動が目標に向かい同時に進んでいることもよく分かります。大きな段階の衝撃波2-4チャネルタッチと内部波動5波2-4チャネルタッチの重なるポイントで同時に目標を達成してます。

また、トレンド方向とは逆に進む修正波(押し目)もチャネルライン沿いに進んでいくことが多いようです。








意識されるチャネルラインを引く



チャネルラインは単純でありながら、抜群に機能する分析手法です。多くのトレーダーに意識されるチャネルラインを引くことができれば、エントリーや利益確定のポイントが予測できるようになり、勝率のアップに大きく貢献してくれるのではないでしょうか。




ドル円他の最新為替動向はこちらをご覧ください


以上、チャネルラインを掘り下げてみました。



Powered by Blogger.